hhowmm

android用に作ったhowmmを,PC用にwxHaskellで書いてみたものです.名前はもちろん「haskell howmもどき」の略です.

wxHaskellのほか,ConfigFile,unix-compatパッケージを使っています.

インストール

cabalパッケージにはしてないので,てきとうにコンパイルしてください.最近のhaskell platformがインストールされていて,サンドボックスを使う設定になっていれば,hhowmm.zipを展開したディレクトリで


$ cabal sandbox init
$ cabal update
$ cabal install wx ConfigFile unix-compat
$ ghc -O2 -o hhowmm -package-db=.cabal-sandbox/x86_64-linux-ghc-7.8.3-packages.conf.d HhowmmTop.hs

などとするとコンパイルできると思います.最後のghcコマンドの"-package-db="オプションのところは,適切なディレクトリ名を指定してやってください.また,wxHaskellの常としてバイナリサイズが巨大なので,気にくわなければ適当にstripしてください.

wxHaskellを使っているので,もしかするとWindowsやMacでも動くかもしれませんが,試したことがないので詳細は不明です.少なくともデータファイルの文字コードはUTF-8でないとまずいだろうと思います.

動作

いちおう,メモの読み書き,リマインダの表示,ハッシュタグ検索などができます.既存のメモを編集する場合,タイトル一覧でeキーを押してください.

残念ながら,リンク関係の機能は動きません.wxHaskellでどうやったら実現できるかわからないです.

編集は外部のエディタを呼びだして行います.デフォルトだとviになるので,何か好きなエディタを設定するとよいと思います.

設定ファイル

デフォルトでは~/.hhowmmrcを設定ファイルとして読みこみます.また,コマンドライン引数として設定ファイル名を指定することも可能です.

設定ファイルは以下のような感じです.


fontsize = 14
basedir = /home/ray/temp/hhowmm/
exts = txt howm
editor = leafpad

ダウンロード

もどる