KLOA

このソフトは,シンプルなアウトラインプロセッサー(アウトラインエディター,アウトライナー,好きに呼んでください)です.

特徴:

注意

このアプリはAndroid4以上で動きます.

Android6以上の場合,インストール後に端末の「設定」→「アプリ」から「KLOA」を選び,「ストレージ」の権限を許可しないと,おそらくファイルのセーブ・ロードができないと思います.

基本操作

リストの入力

最初に起動すると,項目のマークだけが表示された状態になります.

入力中,改行すると次の項目になります.

右フリックすると階層が一段深くなり,左フリックすると一段浅くなります.

右はじにある矢印状のボタンを上下にドラッグすると,項目を上下に動かすこともできます.

項目のドットをタップすると,子項目を隠したり元どおり表示したりできます.

上部アクションバーのボタンで,操作の取り消しややり直しができます.回数には特に制限はないはずです.

項目を長押しするとアクションバーのボタンが変わり,カット・コピー・ペーストが可能です.これは,現在の項目とその下のレベルの項目がまとめて行なわれますので,範囲選択操作は不要です.

ノートの入力

それぞれの項目には「ノート」と呼ばれる文章をつけることができます.アクションバーのこのボタンを押すと,ノートの編集画面に移行します.

編集画面で好きなように書いて,もとに戻ってください.右上のバツボタンを押すと,編集を破棄して戻ることもできます.

メニューの「ノートを表示する」のチェックをオンにすると,画面下部に常時ノートが表示されるようになります.ここの左端のボタンを押してもノート編集画面に行くことができます.

ノート表示部分のサイズは,境界をドラッグすると変更できます.

ファイル管理

このアプリで作成した文書は,SDカード等に自由に保存できます.ツールバーの「ファイル」メニュー内の「開く」・「保存」などの機能は,おおむね普通のワープロやエディタと同様です.

データファイル

このアプリで作成したデータは,通常のテキストファイルとなります(文字コードは設定で変更できます).別の手段で見てみるとわかりますが,ツリーの一項目を一行で,レベルは「*」の個数で表し(この文字は設定で変更できます),項目と項目の間に本文がおかれます(いわゆるWzの階層付きテキスト形式です).

逆に言うと,この形式さえ守っていれば,別の手段で作成したファイルを読むことも可能です.たぶん.

ショートカットキー

ハードウェアキーボードがある場合,ショートカットが使えます.最初は以下のようになっていますが,設定画面から変更することも可能です(Ctrlなどのモディファイヤキーを変更することもできます).

Ctrl+Z
取り消し
Ctrl+Y
やり直し
Shift+Tab
階層を上げる
Tab
階層を下げる
Ctrl+上
上に移動
Ctrl+下
下に移動
Ctrl+X
カット
Ctrl+C
コピー
Ctrl+V
ペースト
Ctrl+E
ノートを編集
Ctrl+S
保存

IME用マージンについて

設定で「IME用に画面下部を空ける」をオンにすると,画面最下部が常にちょっと空いた状態になります.これは何のためにあるかと言うと,ハードウェアキーボード利用中などで,「IMEの表示が小さく,かつ出たり消えたりする」というとき,画面がいちいち上下するのを防ぐことができます.

どのくらいの幅にするかは,設定でピクセル数を直接入力できるので,適当に試行錯誤して決めてください.

ダウンロード

変更履歴

1.1

1.0.2

1.0.1

1.0

もどる